HOME Gallery What`s new    
  諏訪の御柱祭 動 物      
  歴 史   2004上社 2004下社   2010日程 2010上社 2010下社    
  山出し 里引き          
    ⇒ マーク画像は、より大きい画像表示がです。
■ 諏訪大社 上社 里引き 2004年5月2〜4日
御柱屋敷で曳行前には御柱の樹皮を剥がします。(一地区については剥がさない) そして、前宮までの約1km、本宮までの約2.3kmを曳行されます。本宮と前宮の境内に曳きつけられた各4本の柱は、社殿の四隅に建てられます。
【 のんびり、華やかに 】
里引きはのんびり華やかに曳行です。
 
   
   
 
   
 

【 冠落し・建て御柱 】
御柱祭りのフィナーレ。御神木としての威儀を正すため、柱の先端を三角錐状に切り落とす「冠落し」を行います。(切り屑はお守りとしてその場で配られます)
そして、 ワイヤロープとよいとまけによる人力で 「・・・おねが〜いだ〜♪」 の木遣りとラッパ隊の♪にあわせ、「ヨイサッヨイサッ」の掛け声でとともに御柱はゆっくり建てられます。 最後に、冠に「御幣」(ごへい)が打ち付けられるとモミの大木は神となります。

 
   
 
 
【 御柱固祭 】
建て御柱の翌日、御柱の根元を大木槌で叩いて固める御柱固祭が行われます。
 
  このページのトップへ